夜泣き松 大鹿村観光ガイド

TOP > 大鹿村の○○を探す > 鹿塩の七不思議の一覧 > 夜泣き松

赤松 樹高15m、周囲4.6m、樹齢約700年。伝えによると、駿木城主児島高春の息女に美祢姫という姫があり、興国の頃、宗良親王につかえ、やがて身籠った姫は一女を生み、駿木城で育てていた。しかし赤子の夜泣きがひどく姫はたいそう弱っていた。その話を聞いた河合に住む村人は、近くの観音堂に祈ると、観世音菩薩が夢枕に立ち、堂前の松の小枝を持ちて枕辺に供せ、即ち霊夢に従うや忽ち夜泣き止むと、告げた。この松の枝を取って夜泣きする子の枕元に置けば効験あるとの言い伝えが残っている。以後この松は「夜泣き松」と呼ばれている。

<< トップページへもどる

▲このページの一番上へ

大鹿村観光協会

〒399-3502
長野県下伊那郡大鹿村大河原389
TEL 0265-39-2929
FAX 0265-39-2803