灰汁なしわらび 大鹿村観光ガイド

TOP > 大鹿村の○○を探す > 鹿塩の七不思議の一覧 > 灰汁なしわらび

普通、山で採れるわらびはそのまま煮ても苦みや渋みがあって食べることができません。
そのため、あく抜きという手段が必要です。
しかし、大鹿村の黒の田、南山地域の一部に群生するわらびはあく抜きをせずそのまま煮て食べることができます。
育った土地に鉄分が多く含まれているから、とも言われますがよくわかっていません。
調べた人によると茹でたその日は苦みや渋みはなかったのに冷蔵庫に入れて次の日食べると苦みや渋みを感じたのだそう。

<< トップページへもどる

▲このページの一番上へ

大鹿村観光協会

〒399-3502
長野県下伊那郡大鹿村大河原389
TEL 0265-39-2929
FAX 0265-39-2803