大鹿村ツアー! | 観光案内所の大鹿日記 | 大鹿村観光ガイド

TOP > 観光案内所の大鹿日記 >  > 大鹿村ツアー!

観光案内所の大鹿日記

大鹿村ツアー!

お知らせにものせていますが、こちらでも!


名古屋周辺にお住いの方はこんなポスターをご覧になったことはありませんか?

IMG_20190607_141816.jpg

名古屋駅は大きくてどこにあるのか、とははっきりはいえないんですが...。
ここには「Shupo」というフリーペーパーが置いてあります。

その中に大鹿村のツアーが乗っているんです。しかも2つも!

IMG_20190614_083800.jpg

一つ目のツアーはこの「パワースポット縦断!ゼロ磁場分杭峠と南信州の秘境・長野県大鹿村」。
7時に名古屋駅を出発して分杭峠、鹿塩温泉湯元 山塩館、大鹿村中央構造線博物館とめぐる日帰りツアーです。

分杭峠はパワースポットとして知られています。名前の由来は高遠藩(伊那市側)と天領(徳川幕府の直轄地。大鹿村側)を分ける目印に杭を打っていたから。
結構歴史の深い峠なんですよ。

そして大鹿村が天領だった理由の一つが塩を多く含む湧き水です。このお塩、山塩は山塩館でのお食事と温泉で、舌と肌で感じてみてくださいね。
山塩は焼き魚やお肉に合うといわれていますが、個人的には豆腐にかけるのが一番好きです。

最後のスポットは中央構造線博物館。中央構造線の研究の最前線で、第一人者の方が解説員をされています。
この中央構造線は山塩の産出にも深くかかわっています。
とても詳しく説明をして頂けますので、この機会にいろいろ疑問をぶつけてみてはいかがでしょうか?

お値段は19,900円で、日程は7/7、7/20、8/25、8/31、9/8、9/28の6日。
名古屋駅を朝7時に出発です!

IMG_20190614_095845.jpg

二つ目のツアーは「わくわく夏休み!小渋ダム50周年特別見学と中央構造線博物館&フルーツ狩り」。
8時に名古屋駅を出発して小渋ダム、道の駅歌舞伎の里大鹿、中央構造線博物館、ろくべん館、フルーツ狩り、松川インター直売所もなりんとめぐって19時に名古屋に戻る日帰りツアーです。

小渋ダムは中部地方初のアーチダムといわれています。流れてくる砂の対策として作られましたが、その砂の量は想定を超えてしまっていたようです。どっさりと積もった砂や流木に自然の力を感じてみてください。

道の駅歌舞伎の里大鹿ではお土産やお食事を。お土産は山塩を使ったもの、お食事は鹿肉を使った料理が人気です。...私は唐揚げ定食を一番食べています...。ジェラートもおいしいですよ。

構造線博物館の後はろくべん館ですね。こちらは村の郷土資料館です。大鹿村はかなり歴史の長い村。山奥のこの村でどのような生活が行われてきたのか、ぜひ感じてみてください。

そのあとはフルーツ狩り、もなりんといくことになります。こちらは松川町
ですね。
松川は果物の町。至る所に果樹園があります。シードルの試飲もできるようです。おいしいですよ!新鮮な果物もいいですが、干し柿を使ったデザートなどもいいです。

こちらはなんと8,800円!7/31、8/8、8/24、8/30の4日行われます。

この機会に是非大鹿村に触れてみてくださいね!

詳しくは

https://shupo.jr-central.co.jp/travelplan/19su/plan.html#set_tab3_3

シュポホームページへどうぞ!

(19/06/14)

<< 観光案内所の大鹿日記の一覧へもどる

<< トップページへもどる

▲このページの一番上へ

大鹿村観光協会

〒399-3502
長野県下伊那郡大鹿村大河原389
TEL 0265-39-2929
FAX 0265-39-2803