大鹿中学校の文化祭 | 観光案内所の大鹿日記 | 大鹿村観光ガイド

TOP > 観光案内所の大鹿日記 > くらしの一覧 , 大鹿村の祭り・イベントの一覧 > 大鹿中学校の文化祭

観光案内所の大鹿日記

大鹿中学校の文化祭

人口約1000人の大鹿村の中学校にも、毎年「文化祭」があります。

この日記を書いている筆者が、大鹿中へ通っていた当時は、人口1600人ほどはいました。
全校生徒は30人前後。
部活動な、男子がソフトテニス、女子はバレーボール。
部活のほかにクラブ活動があって、
・パソコンクラブ
・国際交流クラブ
・歌舞伎クラブ
(あと、ひとつかふたつあったような気がしますが...忘れてしまった!)
文化祭は二日間あって、一日目には学年発表とクラブ発表会など行い、二日目は歌舞伎と閉会式です。
私は、国際交流クラブに入っていて、大鹿村内に住んでいた翻訳家の方に習って「赤ずきんちゃん」の英語劇をやりました。
文化祭シンボルマークや、スローガン、テーマ曲の決定争いも激しく、小さい学校ながらとても楽しかった思い出があります。

さてさて、今の大鹿中学校はというと...
全校生徒19名。
部活動は、男女ともにソフトテニス。
クラブ活動はなく「地域学習の時間」を使って、全校生徒で大鹿歌舞伎に取り組んでいます。
(中学校の歌舞伎クラブの歴史はもう40年ほどになりますが、全校生徒で取り組むようになったのは2009年から。)
文化祭は二日間行われ、一日目は音楽会と学年発表、閉祭式。
二日目は丸一日、歌舞伎です。

今年の中学校歌舞伎は、2017年9月30日(土)・10月1日(日)に行われました。
s_IMG_0002.JPG
朝から、全校生徒・保護者、先生方、歌舞伎の保存会のみなさん、東京の大学のゼミの方など...いろんな方と一緒になって会場の準備をします。
生徒が少なくなるにつれ、手伝ってくれる方も年々増えていきます。
支えあって成り立っている大鹿歌舞伎ならではの風景です。

10:00~
本番の3時間半も前ですが、もうメインキャストの生徒は、化粧と支度をはじめます。
s_IMG_0016.JPG
ヒアリング調査も兼ね、手伝いにも来ていた東京の大学のゼミの生徒さん方いわく「大鹿中学校の生徒さんは、イエス・ノーがはっきりしている!」とのこと。
例えば「歌舞伎は好きですか?」に対して「好き」「どちらかと言えば好き」「どちらでもない」...など5段階くらいの答えを想定して用意していたそうなのですが、それが必要ないくらいだったそうです。
s_IMG_0045.JPG
お顔付からもわかるように...
本当にしっかりしている生徒さんたちです。
化粧をすると、目つきが変わるというか、役になりきってしまう瞬間がわかります。

s_IMG_0084.JPG
舞台に立てば、立派な役者さんです。
この日、見に来てくださったお客様は大鹿村内、村内からのお客様ふくめ約300人。

夏休み返上で支えてくれた先生方、期待してくれるお父さんお母さん。
一生懸命教えてくれた保存会の皆さん。
皆、それぞれの気持ちを抱えて、舞台を見ています。

大鹿中学校19名が、大鹿歌舞伎の歴史を繋いだ1日です。
今日は、今日から、大鹿村の立派な主役です。
中学校を卒業しても、きっと胸を張って故郷の誇りを語れる大人になってくれるはずです。

s_IMG_0090.JPG
【おまけ】
慣れない正座で足がしびれてしまった、太夫担当の生徒さんたち。
みなさま、長時間お疲れ様でした!

(17/10/07)

<< 観光案内所の大鹿日記の一覧へもどる

<< トップページへもどる

▲このページの一番上へ

大鹿村観光協会

〒399-3502
長野県下伊那郡大鹿村大河原389
TEL 0265-39-2929
FAX 0265-39-2803