粉雪と獣の足跡 | 観光案内所の大鹿日記 | 大鹿村観光ガイド

TOP > 観光案内所の大鹿日記 > くらしの一覧 , 村内を探検!の一覧 > 粉雪と獣の足跡

観光案内所の大鹿日記

粉雪と獣の足跡

2017年1月21日(土)
今朝は、明け方に雪が降ったようで、山々が薄っすらと雪化粧していました。
s__DSC3393.JPG
降ったと言っても舞ったようなかんじで、車が通ったり、風が吹くと、粉砂糖に息を吹きかけたようにフワっと舞い上がります。
s__DSC3397.JPG
山の奥の方では、日陰になったところが雪が溶けずに残っており、そこへ粉雪が舞い落ちたので、獣の足跡がこのようにぼんやりとした陰になります。
s__DSC3387.JPG
山では、このように獣の足跡と出会えます!
今日も朝から猟犬たちが大活躍していました。雪についた足跡が消えない朝のうちにやらなければなりません!
s__DSC3408sikanoasi.JPG
↑おそらく鹿のヒヅメです。こんなくっきりとした足跡と出会うと、今さっきまでそこに動物がいたような気がしてわくわくします。
s__DSC3389.JPG
大西公園のあたりです。タヌキかハクビシンでしょうか。小さな足跡がカワイイ(^^)
s__DSC3406.JPG
これは、針木の滝のあたりで見つけました。
この辺は凄まじいアイスバーンなので、行きも帰りも怖かったです。気を付けてください。
s__DSC3404.JPG
こちらは、針木の滝より上で青木川の上流です。国道152線沿いですが、この先は飯田の下栗の里につながる峠で、人家がほぼなくすごく静かで車通りもありません。
そのため雪が道にかなり残っています。獣たちもかなり快適なのか、行ったり来たりしていますね!

(17/01/21)

<< 観光案内所の大鹿日記の一覧へもどる

<< トップページへもどる

▲このページの一番上へ

大鹿村観光協会

〒399-3502
長野県下伊那郡大鹿村大河原389
TEL 0265-39-2929
FAX 0265-39-2803